代理店って利用するにも経営するにもこんなにメリットがあるんだね!びっくり!!

代理店が今話題なわけ

私達の生活に密着してる企業の一部は、代理店を構えるケースも浸透しつつあります。特に大手の保険会社や旅行、不動産会社の代理店は数多くあり、在宅ワークの方法として人気がでてきています。また、会社側も人件費の大幅な削減や運営にかかるコストなどの削減ができるメリットがあるのです。それに加え、利用者側からも利便性、スタッフとのコミュニケーションという観点で優位にあります。では、代理店の役割とメリットについてご説明します。

代理店が担う役割とは

代理店は、お客様と企業の間にあり、両者との取引のパイプラインという存在になります。従って、お客様との取引を企業に全て伝える義務があります。例えば、保険の代理店の場合は、知識、情報と交渉力を上手く活用し、お客様を守る最適な保険を提案することが大切となります。旅行会社の場合はツアー客の誘導も仕事の一環になることが多いです。また、保険や旅行の代理店は成約毎の報酬制が多いため、お客様との取引内容を正確に伝える必要があるのです。

代理店は自由経営可能で地域の味方

代理店は個人で立ち上げるスタイルがほとんどであるため、件数が多い特徴があります。特に地方は企業側も店舗を構えるコストを抑えるため、積極的な募集をかけている傾向です。従って、地方には代理店がコンビニエンスストア並みに多いです。さて、代理店の経営は企業側のノルマがなく、すぐに販売できる上にいつでも撤退可能なので自由に経営ができます。また、代理店は近くに販売店がない地域の方にとっては近い存在であり、便利なものとなっています。

業務委託とは、企業から仕事を引き受け、対等の立場で働くことです。自分の好きな環境で働けるメリットがある分、労働基準法は適用外で、税金の手続きも自分でやらないといけません。