システム開発に携わろう!システムエンジニアとプログラマーの違い

システム開発の中心を担う二つの技術職

IT産業が世の中の中心を担うようになって久しくなり、その中心に入ってやりがいのあるシステム開発を担っていきたいと考える人も多くなってきました。システム開発の現場においてその中心となる技術職には大きく分けると二つあり、システムエンジニアとプログラマーがあります。システム開発のプロセスにおいてそれぞれの仕事は縦につながっており、どちらが欠けてしまっても新しいシステムが生まれてくることはない重要な技術職です。

机上で新たなシステムを発案するシステムエンジニア

システムエンジニアの仕事は新しいシステムを考え出すことです。システムを開発する際には解決したい問題を提起して、その解決法として情報システムを利用するという立場に立つのが一般的です。提起された問題に対して、それを解決できるシステムを考案するのがシステムエンジニアの仕事であり、いわば机上で可能性を模索する日々になります。そして、妙案が生まれた際にはその仕様書や設計書を作成して実際の開発に回すことになるのです。

システムを現実のものにするプログラマー

システムエンジニアが仕様書や設計書を仕上げると、それを受け取って実際に開発を行う中心となるのがプログラマーです。その仕様書や設計書にしたがったプログラムを制作することによって、システムエンジニアが思い描いた新しいシステムを現実のものへと形作るのがプログラマーの仕事になります。実現不可能にも思える要求を掲げられても遂行する根気強さが必要とされるものの、新しく生み出されるシステムを最初に目の当たりにすることができる魅力があるのがプログラマーの仕事なのです。

新しくシステムを変更する為に手間を掛けない為にはnotesのマイグレーションのサービスを利用すると良いです。